小さく豊かに暮らす家

福山市神辺町

小さく豊かに暮らす家

【2022年竣工】
敷地面積:168㎡ 51坪
建物面積:110㎡ 33坪
構造・規模:木造2階建 3LDK
C 値:0.22㎠/㎡
Q 値:1.16W/㎡・K
UA値:0.39W/㎡・K
太陽光パネル:11Kw搭載

—Family story(家族の物語)—

3兄弟の子育てを終えて、ようやく自分たちの時間が作れるようになったご夫婦。

『今、住んでいる家で老後を迎えたくない。大きすぎる家はメンテナンスできない』
という今の暮らしに対する不満や将来へのご不安から、マイホームの検討を始めたそうです。

以前のお家は病院やスーパーから遠すぎて、老後生活が不安とのことでした。

そこで老後を考えて、利便性の高い土地をたくさん見て回られたそうです。

そしてなによりも驚きなのは、初回打合せから完成まで「10カ月間」とタイトなスケジュールです。

マイホームを持つならできるだけ早く取得し、元気で働けるうちに完済を済ませたいとのことでした。

家づくりについてさまざまな悩みを持たれていたご夫婦とともに、入念な完済計画を立てて、家づくりをスタートさせました。

タイトなスケジュールにも関わらず、要所要所の素早い意思決定により、バランスの取れた素敵なお家になっています。

「なぜ高気密高断熱で家を建てられたか?」その理由は、次のようなことだったと教えていただきました。

・静かな室内でゆったりと暮らしたい
・お家時間が長くなる老後で光熱費を気にしたくない
・体にストレスのない空間で健康的な暮らしをしたい

この家づくりを経て、「大きな家でモノに囲まれた暮らしから抜け出し、ミニマルでストレスのない暮らしへ変わることができました!」と感謝の言葉をいただきました。

—Design story(家づくりの物語)—

まずはじめに、今のお家の不満をお聞きしたところ「自分と向き合い、自分のために使う時間がとれない」とのことでした。

なので、自分の時間を大切にできること、お子さんやお孫さんたちが遊びに来た時にはダイニングを中心に集まれることを目指して間取りプランを設計しました。

[本件の設計担当:森]

【間取りプランの特徴】
・プライベートなお庭
・22畳の大空間LDK
・適材適所の収納

外観デザインは、初期コストとメンテナンスを考えて、コスパに優れた四角いデザインとしました。

シンプルでありながら、アクセントの金属サイディングとグレーの塗り壁が目を引く外観となっています。

そして、無駄をそぎ落とすことでトータル予算はそのままに、使い勝手のよいステキなお庭が実現できました。

22畳のLDKは、高さ方向を意識したデザインにすることで、開放感とくつろぎを与えてくれます。

お家の動線計画は、従来では当たり前だった廊下や玄関ホールという概念を覆し、有効スペースをフル活用した間取りです。

「どこにいても快適に過ごせる家」が高性能×シンプルによって実現することができました。

▼家づくりコンシェルジュによるルームツアーはこちら
小さく豊かに暮らす家!高気密高断熱×シンプルモダンな外観×北欧照明で心と体に優しい暮らし

写真モデル:弊社スタッフ(昇高、橘高)

一覧へ戻る