【終了】構造見学会は、満席のため

構造見学会トップ

 

こんにちは(^▽^)/ ゆうすけです。

先日、今年の記念すべき一棟目の上棟が

無事にできましたのでご報告になります(o^―^o)

 

上棟とは、基礎(コンクリート工事)と土台引き(1階の床をつくる工事)

終えた後の次の工程で家の大枠を組む工事です。

地域によって、

『棟上げ』

『建て方』

『上棟』など

いろいろな呼び方がありますが、呼び方が違うだけで

やってることは同じです(^▽^)/

 

上棟

上棟朝

雨で一日延期になった上棟が無事完了しました。

本来、行おうとしていた上棟日は、生憎の雨で

延期となり一日ずらしての上棟になりました。

 

弊社では、上棟前日や上棟当日に

天気予報や空の様子を見て延期させていただくことがございます。

 

なぜかというと

材料の雨濡れを防止することは、もちろん!

上棟時の安全を確保するためです。

上棟時は、危険な工具や高所での作業を行いますので

雨での上棟は、このような理由で避けさせていただきます。

 

『上棟後は、雨が降っても大丈夫?』

こんな質問をよく聞きます。

上棟は、屋根の上のシート(ルーフィングシート)を敷くところまで行いますので

このシートを敷いてしまえば、雨が降っても屋根からは、水を通さないですし

壁は、養生シートで覆いますので安心してください(^▽^)/

何も雨養生をしていない会社さんもあるかと思いますので

各担当者さんに事前に確認しておきましょう!

 

ほんとに大丈夫!?その工務店の施工品質!

ここで少し想像してみてください。

あなたがお家を建てたとき、どんな部材使ったの?

しっかり工事してくれたの?

って気になりませんか?

もし、口にする食品なら

添加物がいっぱい使ってないよね?とか

産地はどこの野菜かな?とか、、、、

気にしますよね?(◎_◎;)

 

なおさら、お家は、何千万という買い物です。

選んでからやばい工務店だった!とか

建ってからこんなお家は嫌だ!ってなってももう取り返しがつきません。

 

マイホーム購入でもっと恐ろしいのは、

完成時には『やばい』ことがわからなくなるということです。

なぜなら、壁や天井、床は、化粧材や壁紙で全部隠れ

完成後にわざわざ壁を剥いで確認する人などまずいません。

 

こんな事件があったのは、ご存じでしょうか?

これは、大きな会社だけではありません。

あなたが購入した住宅が最初から欠陥品だったら

おうちは、家族の笑顔と健康を守るものではなくなってしまい

常に危険と隣あわせで生活をすることになるでしょう。

 

まずは、気になる工務店さんに魔法の言葉

『構造見学会をさせれていますか?』

 

この一言を問いかけてみてはいかがでしょうか?

工務店さんは、お施主様の承諾をとる必要もありますが

快く現場を見せてくれる工務店は、安心できますね。

見せてくれない工務店は、危険かも!?

 

ということで、私たち418BASEは、あなたとご家族に

工務店選び、家づくりで失敗して欲しくないため

先輩オーナーのお施主様に構造見学会承諾して頂いて

なかなか、見る機会がない建てたてホヤホヤの

おうちを見学して頂いておりますΣ(Σ(・ω・ノ)ノ!

 

ちょっと構造見学会が気になってきましたか?

建てる前にどんな工事してくれる会社か見れちゃうんですよ(笑)

 

予約フォーム

 

構造見学会をする目的は、3つです。

① 正直、聞きたいけど聞けないポイントを現場で見ながら聞いてもらいたい。

② 完成見学会では、見ることができない家の内側の品質を見て安心してほしい。

③ 何一つ見られて困ることが無いから見てほしい。(笑)

 

ここまで構造見学会のお話をさせていただいていますが、

構造見学会と聞いてピンときますか?

構造見学会とは、家の大枠ができた後に行う見学会です。

こんな感じの、柱や梁が見えている状態です。

 

構造見学会

構造見学会では、なぜ418BASEのお家は、光熱費が安くなり

快適な室内環境を作り出せるのかを見ていただきたいので

ここからさらに窓を取付、配管工事をした後になります。

構造見学会の様子

 

完成見学会構造見学会なにが違うの?

完成見学会では、主に空間のデザイン(家事導線・間取りなど)を見ていただき

住み始めてからのイメージをもっていただくことを目的としています。

一方、構造見学会は工務店の表向きの素敵な面だけでなく

本来は、見ることができない一面を見ていただくことを目的として行う見学会です。

 

多くのハウスメーカーや工務店さんは、構造見学会を嫌います。

なぜなら、自分たちの弱みや見てほしくない部分が隠せないからです。

 

418BASEの構造見学会の特徴!

弊社の構造見学会は、上棟直後ではありません。

大体、1週間から10日ほど工事が進んでからの

2週間という短い期間で行っています。

 

なぜ、このタイミングなのか?

それは、性能を保つための取り組みと見どころが沢山あるからです。

 

どういうことかというと

性能を保つための取り組みこれは、

住み始めてからの快適性と光熱費に直結する

『家の隙間の大きさ』『外部の熱を家の中に伝えない断熱処理』のことです。

 

『家の隙間の大きさ』

私たちは、家の隙間の大きさを調べる試験を1棟1棟ていねいに行っています。

ここで、ポイントなのが隙間の大きさを調べる試験を行う会社は、

増えてきているが、まだまだ少ないということです(-_-;)

あなたが選ぼうとしている会社さんは、やっているかな?

やっていなければ、隙間風が入るおうちかもしれません。

 

そして、調べるだけではだめですよね!

私たちは、隙間の大きさがわかったら

弊社の基準としている数値まで隙間をつぶし小さくしていきます。

この家の隙間を小さくするための方法を見ておけば

他の工務店さんを見て回るときにポイントを押さえて

見ることができるようになります(^^♪

 

『外部の熱を家の中に伝えない断熱処理』

これは、窓や壁・天井といった外部に面して影響を受ける部分の

熱を伝えない秘密や換気設備などをご説明をさせていただきます。

ちょっと言葉は、難しいですが

現地で実際に見ながらご説明させていただくので

全然、難しくないですよ(^▽^)/

 

ご案内させていただくメンバーは、こんな人です(笑)

 

自己紹介

 

 

構造見学会に興味が湧いてきたって方は、

ぜひこの機会に参加してみてください。

 

418BASEの構造見学会の詳細は、下記の通りです。

期間:2021/2/10(水)~2021/2/24(水)

時間:10:00~16:00

場所:広島県府中市栗柄(昇高建設本社から車で5分)

ご予約制(当日でもお問合せください。)

集合場所:418BASE事務所(昇高建設本社は、こちらから)

 

予約フォーム

 

おうちでゆっくり見学会に参加できます!

簡単申し込みで、忙しいあなたのお家づくりを進めてみませんか?

バーチャル見学会

イベント・見学会のお申し込み

昇高建設のイベントでは、家づくりの参考になる「リアルな情報」が満載です!
イベント・見学会は予約制となっておりますので、下記のお電話か来場予約フォームより、お気軽にお申し込みください。

一覧へ戻る